ionic capacitor run

Contents

Ionicプロジェクトをデバイスに紐つけて実行します。

ionic capacitor run <platform> [options]

ionic capacitor run は次のことをします:

  • ionic build (もしくは --livereload オプションを指定してdevサーバを起動)
  • Webアセットを指定したネイティブプラットフォームにコピー
  • ネイティブプロジェクトのIDEを開きます (iOSではXcode, AndroidではAndroid )

Webアセットと構成がネイティブプロジェクトにコピーされると、ネイティブIDEを使用してデバイスおよびエミュレータ/シミュレータ上でアプリケーションを実行できます。ただし、プログラムによるネイティブプロジェクトの構築と起動はまだサポートされていません。

AndroidとiOSでは,ブラウザ開発ツールを使ってデバイス上にリモートデバッグを設定することができます。docsをご覧ください。

ionic capacitor run ionic capacitor run androidionic capacitor run android -lionic capacitor run ios --livereloadionic capacitor run ios --livereload-url=http://localhost:8100

入力データ

platform

Description

The platform to run (e.g. android, ios)

オプション

--no-build

Description

Do not invoke Ionic build

--livereload

Description

Spin up dev server to live-reload www files

Aliases-l

--livereload-url=<url>

Description

Provide a custom URL to the dev server

--prod

Description

Flag to use the production configuration

--ssl

Description

Use HTTPS for the dev server

詳細オプション

--address=<address>

Description

Use specific address for the dev server

Default0.0.0.0

--port=<port>

Description

Use specific port for HTTP

Aliases-p
Default8100

--source-map

Description

Output source maps

--configuration=<conf>

Description

Specify the configuration to use.

Aliases-c

--devapp

Description

Publish DevApp service