メインコンテンツまでスキップ
Version: v6

iOS App Storeへの開発

要件

iOS App Storeにアプリを提出するには、いくつかのことが必要です。

  • Xcode
  • 有料のApple Developersアカウント
  • 有効なプロビジョニングプロファイル
  • アプリの開発および配布に関する証明書

Apple Developer Programへの登録は、このガイド に従ってください。

リリースビルドの作成

iOSプラットフォームがまだ追加されていない場合は、必ず追加してください。

ionic cordova platform add ios

プラットフォームが追加されたら、ビルドコマンドを --prod フラグを付けて実行します。

ionic cordova build ios --prod

これで、アプリの Web 部分の minified コードが生成され、iOS のコードベースにコピーされます。

ここから、.xcworkspace ファイルを ./platforms/ios/ に開き、Xcode を起動します。

署名証明書の生成

iOS 用の証明書の生成は少し複雑なので、証明書とは何か、どのように生成するかについては、Apple の公式ドキュメント を必ず確認してください。

必要な証明書とプロファイルを作成するには、Appleのメンバーセンター にアクセスし、Appleのドキュメントに記載されているリンクをたどってください。

ここで重要なのは、開発用と配布用の2種類の証明書があることです。開発用証明書は、まさに開発時のためのものです。アプリに署名して、その証明書がアクセスできるデバイスにデプロイするためのものです。

ディストリビューション証明書は、アプリをストアに配布するためのものです。アプリがディストリビューション証明書で署名されると、どのデバイスにもインストールできるようになります。

XCodeでのアプリへの署名

正しい証明書を生成した後、Xcodeに自動的に証明書を管理させるか、手動で管理するかのオプションがあります。Xcode が自動的に証明書を管理するようにすることをお勧めします。これは、選択されたビルドタイプに基づいて、正しいDevelopmentとDistributionの証明書が使用されることを確認するためです。

このオプションを選択した状態で、Product > ArchiveメニューからArchiveを選択します。これにより、アプリストアで配布するためのアプリのバージョンが構築されます。アーカイブが作成された後、Xcode Organizerが開かれます。

Xcode Organizerは、現在のアプリのビルドを含むリストを表示します。最後のビルドを選び、「Upload to App Store」をクリックします。 チームを選択する場所と、アプリの詳細情報、そして「Upload」ボタンがあるはずなので、それをクリックします。

アップロードに成功すると、アプリは iTunes Connect にリストされ、 "Activity" にリストされるはずです。 ここから、TestFlightをベータテスト用に有効にしたり、アプリをAppleの承認用に送信したりすることができます。

アプリのアップデート

アプリが成長するにつれ、新機能や修正を加えて更新する必要があります。 アプリのアップデートは、Appleに新バージョンを提出するか、Appflowのようなlive update機能を使用することで可能です。

Live Updatesを使うと, アプリの変更は、App Storeの承認を待つことなく、Appflowのダッシュボードから直接ユーザーにリアルタイムでプッシュすることができます。
note

iOS App Store が更新されたビルドを受け入れるには、config.xml ファイルを編集してバージョン値を増やし、上記の手順でアプリをリリース用に再構築する必要があります。