メインコンテンツまでスキップ
Version: v6

Ionic CLI

The Ionic command-line interface (CLI) は、Ionicアプリを開発する時に頼りになるツールです。

インストール

Ionic CLI はnpmでグローバルにインストールできます:

npm install -g @ionic/cli

Help

Ionic CLIでは --help フラグをつけることでコマンドのドキュメントを利用できます。

$ ionic --help
$ ionic <command> --help
$ ionic <command> <subcommand> --help
note

プロジェクトディレクトリで ionic <command> --help を必ず実行してください。

コマンドの中には ionic serve のように、React と Angular のように、プロジェクトのタイプに応じたヘルプが表示されるものがあります。

構成

Ionic CLI は、TypeScriptNode.jsで構築されています。Node 10.3+をサポートしていますが、最新のNode LTSが推奨です。Follow development on the open source Github repository.

トラブルシューティング

Ionic CLIの問題をトラブルシューティングするには、以下の方法が役立ちます:

  • 最新バージョンのIonic CLIがインストールされていることを確認します。インストールされているバージョンは、ionic --versionを実行することで取得できます。
  • 最新のNode LTSがインストールされていることを確認します。Node & npm environment setupを参照してください。
  • verbose フラグは、デバッグメッセージを表示し、問題を絞り込むことができます。
  • 接続の問題は、プロキシの設定が適切でないことが原因である可能性があります。リクエストプロキシの設定については、Using a Proxy を参照してください。
  • Ionic CLI のグローバルな設定ディレクトリは、すべてのプラットフォームで ~/.ionic です。このディレクトリは安全に削除でき、Ionic CLIが再投入しますが、すべての設定(ユーザーセッションを含む)は失われます。このディレクトリはCLI環境変数で設定します。