ionic generate

Contents

自動的にフレームワークの機能を生成します。

ionic generate <type> <name> [options]

このコマンドはAngular CLIを使用して、pages, components, directives, services などのfeatureを生成します。

  • 使用可能な完全なリストについてはnpx ng g --helpを使用してください
  • 型のオプションのリストはnpx ng g <type> --helpを使用してください。

任意の数のサブディレクトリ内にネストしたfeatureのパスを指定できます。例えば、"pages/New Page"というコマンドを指定すると、src/app/pages/new-page/にpageファイルが生成されます。

ファイルを変更する前にgeneratorをテストするには、--dry-runオプションを使います。

ionic generate ionic generate pageionic generate page contactionic generate component contact/formionic generate component login-form --change-detection=OnPushionic generate directive ripple --skip-importionic generate service api/user

入力データ

type

Description

The type of feature (e.g. page, component, directive, service)

name

Description

The name/path of the feature being generated