IonicのPage Life Cycle

Contents

このガイドでは、IonicとAngularを使用して構築されたアプリでのPage Life Cycleのしくみについて説明します。(追記:Life Cycleとは、表示をはじめてから破棄するまでを指します。この間の特定のタイミングに設定されているイベントをLife Cycle Eventsといいます)

Ionic life cycle events demo

AngularのLife Cycle Events

IonicはAngularが提供するLife Cycle Eventsを取り入れています。最もよく使う2つのAngularイベントは次のとおりです。

Event Name Description
ngOnInit コンポーネントの初期化中に発生します。このイベントを使用して、ローカルメンバーを初期化し、一度だけ実行する必要があるServiceを呼び出すことができます。
ngOnDestroy Angularがビューを破棄する直前に発生します。 observables の unsubscribe などのクリーンアップに役立ちます。

AngularのComponent Life Cycleイベントの詳細については、それらの component lifecycle docs をご覧ください。

IonicのPage Events

AngularのLife Cycle Eventsに加えて、Ionic Angularには、使用可能ないくつかの追加イベントがあります:

Event Name Description
ionViewWillEnter コンポーネントが表示されるアニメーションがはじまる時に発火します。
ionViewDidEnter コンポーネントが表示されるアニメーションが終了した時に発火します。
ionViewWillLeave コンポーネントを離脱するアニメーションがはじまる時に発火します。
ionViewDidLeave コンポーネントを離脱するアニメーションが終了した時に発火します。

ionViewWillEnterionViewDidEnter の違いは発火するタイミングです。前者は、 ngOnInit の直後であり、ページの処理がはじまる前に発火しますが、後者は処理が終了してから発火します。

ionViewWillLeaveionViewDidLeave についてですが、 ionViewWillLeave は現在のページから離脱する処理がはじまる前に呼び出されますが、 ionViewDidLeave は新しいページに遷移する処理が成功してから呼び出されます (新しいページの ionViewDidEnter が発火した後になります)。

Ionic life cycle events demo

IonicがPageのLifeをどのように処理するか

Ionic は <ion-router-outlet /> という router outlet を持っています。. この outlet が Angularの <router-outlet /> を継承し、さらに拡張して、モバイルデバイスのためのより良い体験を可能にしました。

<ion-router-outlet /> にアプリがラップされることで、Ionicはナビゲーションの扱いを少し変更します。新しいページに遷移すると、Ionicは古いページを既存のDOMに残しますが、ビューから隠して新しいページに移行します。これを行う理由は2つあります:

1) 古いページの状態を維持することができます(画面上のデータ、スクロール位置など)。 2) ページがすでに存在しており作成し直す必要がないため、ページへの移行がスムーズになります。

たとえば、UIの "戻る" ボタンまたはブラウザの "戻る" ボタンを押すことによってページが「Pop」されると、ページはDOMから削除されるだけとなります。

この特別な処理のために、ngOnInitngOnDestroy のメソッドは通常そうあるべきだと思うときには発火しないかもしれません。

ngOnInit はページが新しく作成されるたびに発火するだけなので、ページに戻ったときには発火されません。たとえば、タブのインタフェースで各ページ間を移動しても、各ページの ngOnInit メソッドは最初の1回だけ呼び出され、その後の表示では呼び出されません。ngOnDestroy はページが 「Pop」したときにのみ発生します。

ルートガード

Ionic 3では、いつページにアクセスすることができるか( ionViewCanEnter )と離脱できるか(ionViewCanLeave)を制御するのに役立つ、いくつかの追加のライフサイクルメソッドがありました。これらは、許可されていないユーザーからページを保護したり、ユーザーがページを離れたくないときにユーザーをページ上に保持したりするために使用できます(フォーム入力中など)。

これらの方法は、Angularのルートガードを使用するためにIonic 4で削除されました。

ルートガードは、ルートに対して特定のアクションを実行できるかどうかを判断するのに役立ちます。それらは特定のインターフェースを実装するクラスです。CanActiveCanDeactivate のインターフェイスは、ionViewCanEnterionViewCanLeave と同様のロジックでイベントを削除することができます。

@Injectable()
export class AuthGuard implements CanActivate {
  constructor(private authService: AuthService) {}

  canActivate(route: ActivatedRouteSnapshot, state: RouterStateSnapshot) {
    return this.authService.isAuthenticated();
  }
}

このガードを使用するには、それをルート定義の適切なパラメータに追加します:

{ path: 'settings', canActivate: [AuthGuard], loadChildren: '...',  }

ルートガードの使い方の詳細については、Angularの router documentation を参照してください。

Life Cycleメソッドのガイダンス

以下は、life cycle eventsごとのユースケースに関するヒントです。

  • ngOnInit - コンポーネントを初期化し、Serviceからアクセスごとに更新する必要がないデータをロードします。
  • ionViewWillEnter - ionViewWillEnter はViewがナビゲートされる度に呼び出されるので(初期化されているかどうかにかかわらず)、Serviceからデータをロードするのに適したメソッドです。ただし、アニメーション中にデータがを取得すると、大量のDOM操作が開始される可能性があります。これにより、ぎこちないアニメーションが発生する可能性があります。
  • ionViewDidEnter - ionViewWillEnter を使ってデータを取得していてパフォーマンスに問題がある時は、ionViewDidEnter を代わりに使うことができます。ただし、Pageがユーザーに表示されるまではこのイベントは発火しません。そのため、ロードインジケータまたはスケルトン画面を使用することをお勧めします。これにより、遷移が完了した後にコンテンツが不自然に点滅することはありません。
  • ionViewWillLeave - observablesのunsubscribingのように、クリーンアップで利用します。 ngOnDestroy はあなたが現在のページから遷移する時には発火しない可能性がありますので、画面が表示されていない時にアクティブにしたくない場合はここでクリーンアップの処理を行います。
  • ionViewDidLeave - このイベントが発生すると、新しいページへと完全に遷移したことがわかります。そのため、ビューが表示されているときに通常は行わない可能性があるロジックはすべてここに移動できます。
  • ngOnDestroy - ionViewWillLeave でクリーンアップしたくないページのクリーンアップロジックはここにおいてください。
翻訳するUpdated 2019-06-06
Your First App: ThemingNavigation